• Happy Avenue
    Happyルール|アーユルヴェーダセラピスト・植村智子

【汚部屋&ダメ生活を改善】簡単ロジカル片付け術!断捨離のコツと方法まとめ

Happy Avenue

気づかないうちに「汚部屋」になって、ダメ生活を送っている方も多いのでは。カンタンに実践できる「ロジカル片付け術」で、大掃除ならぬ「秋の小掃除」をしてみてはいかがでしょうか。

部屋は心の鏡? 汚部屋の原因と心理

Happy Avenue

部屋もファッションと同様に「心の鏡」と言われています。部屋が散らかっていると、実は心も混沌としている場合が多いんです。悩みを持っていたり、ネガティブな感情を生み出していたり、心がモヤモヤとしている人の多くは部屋も汚い可能性大。

そもそも汚部屋とは

汚部屋とは「汚い部屋」と書きますが、最近では単純に汚いだけではなく足場がないほど散らかっている部屋のことを指します。もちろん、文字通りゴミが捨てられず、虫が湧いている場合が多いです。

一方で、汚部屋の住人にとって「汚い」と思っていないケースも。本人にとってそれが快適と感じてしまっていると、改善も難しい場合があります。ただ、恥ずかしいという気持ちはあるため友達や恋人を部屋に呼べず、人間関係で問題を抱えています。

汚部屋によって、少しでも生活に支障が出てきてる方は、すぐにでも改善を試みたいですね。

片付けられない心理とは

汚部屋までいかない自覚がない「予備軍」も増えています。空き箱や紙袋を「もったいない」と捨てられない人、食器を洗わずにため込む人、道端でもらったティッシュを集めている人など、損したくないと思えば思うほどゴミが部屋に溢れていきます。

心のスキマやストレスによって部屋が汚くなるケースもあります。行動力が下がって、家事が面倒くさくなり、部屋が散らかっていくのです。イライラで衝動買いが増えて、いらない物コレクション。深刻な心の病気の可能性もあるので「おかしいな」と思ったら病院へ。

片付けられない心理の人は、生活をしていると部屋に物がドンドン増えていきます。ですから、日頃から処分する癖をつけておき、役目を終えたものは捨てるようにしないといけないのです。

汚部屋を脱却する方法

Happy Avenue

協力者や業者に助けてもらうのもアリ

自分の力では絶対に無理という人は、親や友達などの協力者を見つけて助けてもらうのが良いでしょう。最近では、汚部屋をキレイにする業者もあります。業者の場合は費用が掛かりますが、心がスッキリして前向きになれるのであればアリ。

断捨離や整理整頓術を習得する

断捨離や整理整頓術を習得して自分で汚部屋を脱却した人も多いです。もったいないという気持ちをこらえて、すべて捨てる覚悟ができれば、あとは動くだけです。ただ、そこまでは出来ないという人でも「ロジカル片付け術」で部屋をキレイにしていくことができます。

カンタン!ロジカル片付け術

Happy Avenue

捨てられない・片付けられないのは「感情」が入ってしまうから。あくまで機械的に、ロジカルにすることで、短い時間で部屋を整理整頓することができます。

手順1:明らかに不用品な物を捨てる

Happy Avenue

まずは部屋の中から不用品を探し出し「捨てる」のが最初。3ヶ月や半年、一年に1度も使っていないものは「不要品」と定義して、分類していくのが基本です。まずは捨てられるものを探し出し、捨てていきましょう。

定義が難しい場合は、コンビニのレシート、空箱、3年以上着ていない服などは「明らかに不要」として捨てていきましょう。

手順2:使うものを分類する

Happy Avenue

不要なものがなくなったら、部屋の中で必要なモノを「分類」しましょう。

例えば、引き出しであれば、ボールペンやシャープペン・鉛筆・色えんぴつなどの日常的に使う筆記用具、ものさしや定規・コンパス・ホチキスなどの道具類、小さなメモや付箋・シールなどの紙類、その他で引き出しの中に残しておきたいもの等です。

お風呂で使うものなのか、リビングで使うものなのかなど、使うシチュエーションや生活動線を意識すると分類がカンタンです。分類した時に、不要なものが見つかれば破棄し、重複しすぎているアイテムも今は不要なので、不用品に分類してしまいましょう。

手順3:使い頻度順に収納する

Happy Avenue

最後に、使う頻度に収納していきます。よく使うものから手前から収納すると、使い勝手が向上。あまり悩まずに、毎日使うもの、一週間に1回使うもの、一ヶ月に1回使うもの、置いておきたいもの……等の頻度で置く場所を決めていきましょう。収納する際に箱や仕切りがあると入れるときに整理整頓しやすいですよ。

定期実践で「キレイ部屋」を続けよう

Happy Avenue

部屋の片付けが終わっても続けなければ意味がありません。キレイ部屋をキープしたいなら、定期的に「ロジカル片付け術」を実践しましょう。処分する癖をつけて、キレイ部屋を長続きさせてくださいね。

Pocket