【重陽の節句】9月9日は食用菊と菊酒で日本文化を嗜む

9月9日は、五節句の一つ「重陽の節句(菊の節句)」で、季節の花「菊」が楽しまれてきました。食用菊と菊酒で季節の変わり目を感じてみませんか。

重陽の節句に菊を楽しむ

Happy Avenue

重陽の節句は、別名「菊の節句」と呼ばれる五節句の一つ。陰陽思想から陽の気が強すぎる邪気を払う行事を行っていました。その後、陽の数字である「9」の重なりを吉日と転じ、不老長寿などを願い、菊の花でお祝いするようになりました。

五節句とは

五節句は、1月7日の人日の節句、3月3日の上巳の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句の5つ。江戸時代に公式的に法制化され、現在でも風習が続いています。いずれも中国から伝来されたものですが、稲作の文化が根付いていた日本に適合し、季節行事として残っています。

菊を使った簡単レシピ

Happy Avenue

菊の節句には、菊の花を飾り、菊を使った料理を楽しむと良いでしょう。スーパーなどで販売している「食用菊」をお刺身のトッピングし、日本酒に飾って「菊酒」にするだけでも雰囲気が出てきますよね。菊花のかたちをした和菓子を食べるという楽しみ方もあります。

食用菊の小鉢で色鮮やかに

食用菊は、おひたしにすると、そのまま美味しくいただけます。普段の食事に、菊の花のおひたしを一品追加するだけでも、食卓が色鮮やかになります。

食用菊は、花びらのみを熱湯に入れていきますが、その時に酢を少々入れると色が綺麗に仕上がります。また、食感を楽しむために、あまり茹ですぎないのがポイントです。食べる時は、マヨネーズ、胡麻和え、めんつゆをお好みで。

栗ご飯で秋の訪れを感じる

Happy Avenue

重陽の節供は、菊の節句とも呼ばれる一方で「栗の節句」でもあります。季節の栗をふんだんに使った栗ご飯もオススメ。夏の過ぎ去りと秋の訪れを感じると、何だか贅沢な気分に。ごま塩を少々ふりかけると、見た目も良く、味の輪郭がはっきりとして美味しいです。

秋の味覚を取り入れる

Happy Avenue

秋茄子も旬の野菜。焼きナスや煮びたしにして取り入れてみても良いでしょう。旬の食べ物は、旬でない時季よりも栄養価が高いと言われています。技術の発達により季節問わずに食べることができる野菜や魚が増えましたが、季節を意識した食材選びをするようにしましょう。秋の味覚を上手に取り入れて、重陽の節句を楽しんでみてください。

Pocket

Happy Avenue 編集部

Happy Avenue 編集部
女性が幸せになるメディア「Happy Avenue(ハッピーアベニュー)」。健康的で躍動感のある毎日を実践するために、ヘルシーな朝食・ファッション・ヘアスタイル食事・睡眠・スキンケア・コスメ・おでかけ・恋愛・ナイトライフ・有機食材などの、最適な情報をお届けします。
Web:Happy Avenue