• Happy Avenue
    Happyルール|世界初の女性ニャティティ奏者・アニャンゴ

火を全く使わなくても大丈夫!簡単に作れる災害レシピ

Happy Avenue

震災後、ライフラインが途絶えると数日間の献立づくりに困ってしまいます。そんな時に「災害レシピ」を覚えておくと便利です。

震災で火が使えない状態も

Happy Avenue

被災すると、ガスや電気が止まってしまい、火が全く使えないケースがあります。火が使えなくても大丈夫と楽観的に考えている人もいるかもしれませんが、いざ使えなくなってしまうと予想以上に不便なものです。

火を全く使わなくても美味しいレシピ

Happy Avenue

最近はレトルト食品やインスタント食品が普及し、災害時でも美味しく食べられるものが増えています。ひと手間を加えて、より美味しく食べられるレシピを知っておくと、いざという時に便利です。

震災後も優雅にシリアルで朝食を

Happy Avenue

シリアルと牛乳をかけて、フルーツ缶でトッピング。節約・節制ムードでストレスになってしまう被災生活。あえて「被災を楽しむ」くらいの気持ちでいた方が、心にゆとりができて冷静な判断もできると思います。ゆったりとした気持ちで、朝食を楽しみましょう。

パンと豆サラダでランチタイム

Happy Avenue

豆缶とマヨネーズで簡易的な豆サラダの出来上がり。ランチタイムにピッタリなレシピです。豆は栄養価が高いので、取り入れたいところ。マヨネーズがなければ、オリーブオイルと塩とブラックペッパーで味付けするのも良いでしょう。

サバ缶で美味しく栄養補給を

Happy Avenue

サバ缶やサンマ缶は非常時にも重宝します。もし冷蔵庫に玉ねぎがあれば、スライスオニオンをトッピングすると、美味しいオカズの出来上がり。

水を入れるだけでお米を食べられる状態に戻すことの出来る非常食「アルファ米」の用意があれば、立派な定食の完成です。

お湯なしで美味しいカップ麺を

Happy Avenue

停電してしまうと、お湯を沸かせないため食べるのを諦めていたカップ麺。ミネラルウォーターがあれば、お湯なしでもカップ麺を美味しく食べることができます。

お湯なしカップ麺の作り方

一般的なカップラーメンであれば、水を注いでから15分。袋麺の場合は、袋の状態で水を注ぐ。カップ焼きそばであれば、20分程度経った後、液体ソースをからめると食べることができます。缶詰や乾パンなどがなく、カップ麺やインスタント麺がある場合は試してみてください。

震災直後に食料と水を確保

Happy Avenue

震災後もスーパーが開店するので、水(ミネラルウォーター)は必ず購入を。停電の際は、生鮮食品の保存が難しいので、保存がしやすい発酵食品を確保しておくと良いでしょう。また、お菓子やチョコレート、羊羹などもお腹が空いた時にすぐ食べられるので、備えておきたい食品です。

Pocket