• Happy Avenue
    Happyルール|アーユルヴェーダセラピスト・植村智子

北海道で震度6の地震発生!災害対策や備えのチェックリスト

Happy Avenue

2018年9月6日に、北海道で大きな地震が発生。一部地域では停電や断水で、生活は一気に不便に。災害対策や備えをチェックリストを確認しておきましょう。

まずは「情報源の確保」を

Happy Avenue
災害の時に大切なのは「情報」です。過去の災害では、TwitterなどのSNSでデマが拡散しパニック状態に。正しい情報を得られる環境づくりをしましょう。

停電の時にはテレビを見ることができないので、ラジオやスマートフォンで情報を得ることになります。そんな時、電池が入っていないラジオや電源が入らないスマートフォンでは役に立ちません。ラジオは乾電池を確保、スマートフォンは節約モードで電池を長持ちさせる工夫を。

スマートフォンを節約モードへ

スマートフォンの設定画面から、液晶画面を暗くする、プッシュ通知を許可しない設定にすると、節電になります。通信会社側の原因などで「圏外」になっている場合は、機内モードにして通信を制限しておくのも一つの方法です。

また、iPhoneの場合は、節約モード(低電力モード)が用意されている機種もあります。アプリのバックグラウンド更新などの機能制限を行い、使用電力が抑えられます。

デマ情報に左右されない

北海道地震では「6時間後に断水する」というデマツイートが流れ、情報を信じた人々に心配が広がりました。TwitterなどのSNSを使用する際は、情報の正確性をきちんと確認する必要があります。新聞社やラジオ局、信頼できる著名人や友人、様々な情報を収集した後に判断することが大切です。

余震や津波の情報に注意する

大きな地震があった後は、余震や津波の心配も。大きな地震の後に、さらに大きな地震が発生する可能性もあります。注意深く情報を収集して、身の安全を確保しましょう。

地域によっては、土砂崩れ、地盤沈下、液状化現象なども。震災直後の情報収集によって、守ることができる命があります。

ライフライン復旧までが大変

Happy Avenue

停電や断水などのライフラインは、復旧まで時間がかかるケースも。被災経験者の多くは「ライフライン復旧までが大変だ」と語っています。

数日間を乗り切るためには、情報源の確保、水や食料の確保、安全な場所の確保が必要となります。自然災害に備えて、電気や水道が止まった時に生活ができるか確認をしておきましょう。

災害直後のチェックリスト

  • お風呂に水を溜めておく
  • 水や食料を確保
  • 携帯を省電力モードに変更
  • 安全確保と避難場所を確認

地震の影響でモノが散乱してしまった場合でも、余震のことも考えて本格的な片付けはせずに、割れたガラスなどを除去する程度にしておきましょう。また、停電している際は、夜に出歩くのは危険。明るいうちに数日間を過ごせるようにしておくことが重要です。

便利な非常食品を活用

Happy Avenue

古くから食べられている発酵食品は非常の時に便利。長持ちするのはもちろんのこと、栄養価が高いものも多いです。

穀物類でエネルギーを供給を

まず確保しておきたいのは、レトルトご飯、水のみでも食べられるアルファ米、切り餅、パン、乾パンなど、炭水化物とエネルギーの供給源である穀物類。簡単な調理で食べられるパスタ、うどん、素麺などの乾麺も便利なので、ストックしておきたいところ。クッキーやビスケット、お煎餅などのお菓子もオススメです。

オカズになる非常食を備えよう

タンパク質が豊富な大豆で作られた非常食は備えておくと便利。植物性たんぱく質が豊富で消化吸収の良い高野豆腐、高タンパク・低カロリーの湯葉(ゆば)、安価で栄養豊富な納豆は日常的もオカズ作りに使えます。

切り干し大根、干物、塩辛などの嘗物(なめもの)、お麩(ふ)、佃煮、かつお節、梅干しも非常時にはありがたい食品。また、パンのお供に、ヨーグルト、チーズなども用意しておくと良いでしょう。

冷蔵庫に常備している家庭も多い、味噌、漬物、キムチなどの発酵食品や、干し芋、ドライフルーツ、羊羹もオススメです。

お湯なしでカップ麺を作る方法

Happy Avenue

停電してしまうと、お湯を沸かせないため諦めていたカップ麺。実は、お湯がなくてもカップ麺は食べることができます。

一般的なカップラーメンであれば、水を注いでから15分。袋麺の場合は、袋の状態で水を注ぐ。カップ焼きそばであれば、20分程度経った後、液体ソースをからめると食べることができます。缶詰や乾パンなどがなく、カップ麺やインスタント麺がある場合は試してみてください。

震災直後に便利な災害レシピ

Happy Avenue

震災後、ライフラインが途絶えると数日間の献立づくりに困ってしまいます。そんな時に「災害レシピ」を覚えておくと便利です。

災害レシピ:火が全く使えない場合

Happy Avenue

被災すると、ガスや電気が止まってしまい、火が全く使えないケースがあります。朝食はシリアル、桃缶などのフルーツ缶でも充分。普段、朝食を取らない人でも、万が一に備えて、栄養補給をしておきましょう。

昼食は、手軽に食べられるパンに加え、ツナ缶や豆缶などを使ったサラダで栄養バランスを整えていきましょう。ツナと豆のサラダは、冷蔵庫に残っているマヨネーズ、塩コショウで味を調整すると美味しく食べられます。

Happy Avenue

夜ご飯は、サバ缶やサンマ缶でボリューム感を演出。水を入れるだけでお米を食べられる状態に戻すことの出来る非常食「アルファ米」の用意があれば、立派な定食の完成です。

災害レシピ:火が使える場合

Happy Avenue

ガスや電気が活用できる、またはカセットボンベの用意があり火が使える場合は、レシピの幅が広がります。パンを焼きトーストにしたり、パスタやうどんを茹でたり。スープなど温かい料理を食べれば、心が落ち着くはず。

キャンプ地や被災地の炊き出しでよく作られるカレーライスや豚汁は、調理工程も簡単で大人数でも食べることができます。缶詰でサラダを作り、付け合わせるのも良いでしょう。

地震発生前に準備を

地震発生直後にお店に行くと、ミネラルウォーター、カセットボンベ、ポリタンク、モバイルバッテリー などは、開店直後に売り切れ状態に。また、ドラッグストアに食料品などを買い求める人で長蛇の列も。災害が発生する前に、ライフラインが途絶えることを想定した生活が必要です。数日間の生活ができるように備えておきましょう。

場合によっては、家に「発電機」を購入しておくのも良いでしょう。停電で一番困るのは、冷蔵庫での食品保存。発電機があれば、すぐさま電気を供給することができます。

万が一のための防災用品チェックリスト

Happy Avenue

防災用品は、人や環境によって違いが出てきますが、備えておきたい防災用品をリストアップ。万が一のために、用意しておきましょう。

情報収集はラジオとスマホで

  • ラジオと乾電池
  • スマートフォンとモバイルバッテリー

ラジオは乾電池式よりも手回し発電機内蔵型の方が安心。乾電池がなくても良いので、便利です。乾電池式のラジオを持っている場合は、乾電池の予備を多めに用意しておきましょう。

最近では、スマートフォンで情報収集するシーンが多くなりますが、どうしても充電が問題に。各自治体で充電スペースを開設することもありますが、モバイルバッテリーを用意しておくと安心です。

備えておきたい食料と水

  • 水(ミネラルウォーター)
  • アルファ米
  • 乾パン
  • ビスケット
  • チョコレート
  • インスタントラーメン
  • 給水袋

防災のための水は、ポットボトルのミネラルウォーターを購入。成人の場合は、1日3リットルが目安と言われています。少なくても3日分、ライフライン復旧が長引くことを想定すると1週間から10日分くらい必要です。

長期的な被災生活を送る際は、備えていた水がなくなってしまうケースも。その際は、給水支援を受けるので、給水袋を用意しておきましょう。

あると便利な防災グッズ

  • ウェットティッシュ
  • ポリ袋
  • ラップ
  • 軍手
  • マスク
  • 絆創膏(ばんそうこう)
  • ガーゼ

ウェットティッシュやマスク、絆創膏、ガーゼなどの衛生用品は救急箱にまとめておきましょう。また、様々なシーンで使えるポリ袋、ラップ、軍手なども備えておきます。

生活をする時に必要な防災グッズ

  • 携帯用ミニトイレ
  • ライター
  • 毛布
  • 手袋
  • エアクッション
  • レジャーシート

被災生活が長期化する場合を考えて、携帯用ミニトイレや喫煙をしなくてもライターなどを確保しておきましょう。また、防寒グッズとして毛布や手袋も準備。エアクッションやレジャーシートがあれば、硬い床の上でも快適に過ごすことができます。

まとめて管理しておきたい貴重品

  • 印鑑と貯金通帳
  • 保険証や免許証のコピー
  • 現金

印鑑と貯金通帳は、火災があっても大丈夫なように保存。免許証や保険証のコピーをとっておくと、何かと便利です。

Pocket